Column コラム

2022.06.14

【後編】不労所得で不動産投資をおすすめする理由!

前回、前編の『誰しもあこがれる不労所得とは?!』で不労所得や不労所得の種類についてお話致しましたが、後半は『不労所得で不動産投資をお勧めする理由』についてご紹介致します!

不動産投資をお勧めする理由

➀特別なスキルやノウハウは必要がない


不動産投資で家賃収入を得るために特別なスキルやノウハウは必要ありません。

もちろん資金計画の中で繰上げ返済をする場合もあると思いますが、投資の中で代表的な”株式投資”や”FX”のような複雑な仕組みを勉強したり、日々ニュースに目を通して将来の動向を予想する必要もありません。

また、不当産投資は景気動向の影響を受けにくく大きな変動がない為、安定的に収入を得ることが可能になるでしょう。

➁融資を受けて投資が出来る


不動産投資の大きな魅力は『融資を受けることが可能』というところです。

“株式投資”や”FX”のような投資は、原則全額自己資金の範囲内でしか行うことができません。
対して不動産投資は金融機関から融資を受けて投資をすることが出来ます!

特に金融機関から融資を受ける上で、以下のような人がお勧めです

  • サラリーマン
  • 公務員
  • 医者・看護師
  • なぜお勧めかと言うと借主の『信頼力』等を元に金融機関から融資を受ける事が出来ます。
    サラリーマンや公務員、医者・看護師が融資審査で高く評価されるのは、”安定した返済が期待できる”からです。
    ローンは数十年単位で借りるものなので、いまの収入が大きいことよりも長期間にわたって安定した収入を得られる人の方が高く評価されやすいです。
    もちろんサラリーマンや公務員、医者・看護師以外の職業でも金融機関から融資を受ける事が可能であるため、自分の職業に捉われず挑戦しやすいのも不動産投資をお勧めする理由になります。

    ➂時間を割く必要がない


    不動産投資は長期的な投資である為、日々対応しなくてはいけないことが少ないです。
    “株式投資”や”FX”のような投資は景気動向の影響を受けやすい為、常に景気動向を気にしていないと即座に対応が出来なかった場合に大きな損失につなるというリスクがあります。
    対して不動産投資は景気動向の影響を受けにくく大きな変動がない為、限られた時間の中で対応をしなくてはいけないということもありません

    また、不動産投資には多くの専門業者がいる為、建物や部屋の管理を管理業者に任せることで、更に自分の時間を作ることが可能になります。
    管理業者が対応する業務には以下のようなものがあります。

  • 物件の清掃
  • 保守点検業務
  • 入居者募集
  • 賃料回収
  • 入居者のクレーム対応
  • 管理手数料がかかりますが、手数料を払ってでも一部もしくは全部を専門業者に任せることで、更に自分の時間を作ることが可能になります。
    もちろん一部もしくは全部を専門業者へ任せる上で管理会社選びはとても重要になる為、いくつかの事業者に話を聞いたり、セミナーを受けるなどして、相性が良い事業者を見つけるのがおすすめです。

    まとめ

    前編・後編に分けて【不労所得】について話しましたがいかがでしたでしょうか?
    誰しも不労所得に一度は憧れることがあると思いますが、不労所得にも様々な種類がありリスクは付きものです。
    行動する前に、自分には何が向いているのか、資金や時間は足りるのか、スキルやノウハウは必要か等をよく考えて始めましょう!

    佐藤 里奈

    • AC事業部 主任
    • 佐藤 里奈

    マンション投資は、安定した収入や余裕のある生活基盤をつくります

    マンション投資を検討されている方の中には、「マンション投資は大きく化ける」という期待を持たれている人もいらっしゃいます。

    しかし、マンション投資は、株式やFXのように短期間で大きく稼ぐような投資方法ではありません。

    時間をかけて安定した収入を得るための投資方法です。

    そういった安定した収入や余裕のある生活基盤を作り上げるためには、パートナーとなる不動産会社選びも重要です。

    大手と呼ばれる不動産会社では、ルーティンな対応やシステマチックなサービスしか受けられないケースがたくさんあります。対して小規模な不動産会社ではきめ細やかなフォローを受けられる一方で、企業の規模からサービスの質が不十分かもしれません。

    大手企業のサービスと、少数企業のきめ細やかさ、そのちょうど良いところにあるのがイー・コネクションです。

    不動産投資を始めるに当たり、人の温かさと充実したサービスを受けたい方は、是非一度イー・コネクションにご相談ください。

イー・コネクション
イー・コネクション

Recommend Issue おすすめ記事